むし歯治療

むし歯治療

むし歯とは

むし歯とは

むし歯(う蝕、デンタルカリエス)とは、ミュータンス菌などのむし歯病原菌により、歯が崩壊していく病気です。

むし歯になる条件

1.宿主因子
歯の質が弱い。プラークがたまりやすい歯の形態、歯並び。だ液が出にくいなど。

2.食餌因子
砂糖を多く含む食べ物を食べているなど。

3.細菌因子
生まれたときはむし歯菌はお口の中にいません。家族、特にお母さんから移り住み歯垢を作ります。

4.時間因子
以上の条件がそろっている時間が長いほどむし歯になりやすい。

4つの条件

4つの条件がそろうとむし歯になりやすいといえます。

むし歯の進行

左より、正常、C2(象牙質まで達している)、C3(神経まで達している)、C4(歯冠崩壊し保存不可能)です。

ミュータンス菌がむし歯をおこすしくみ

むし歯をおこす菌の代表はミュータンス菌です。歯の表面にくっつき、砂糖をえさにしてネバネバとした物質をまわりに作り、しっかりと歯の表面に定着します。

ページトップに戻る

根管治療とは?

大きく分けて、抜髄(ばつずい)感染根管治療に分けられます。

抜髄(ばつずい)

歯には栄養を送る血管や知覚神経が通っており、これを歯髄といいます。抜髄とは何らかの原因(むし歯、外傷)て歯髄の保存が不可能な場合に、歯髄をとってしまう方法です。
ズキズキとした痛みが出ることが多いため、麻酔下にて治療を行います。これにより、痛みから解放されます。

感染根管治療

歯髄が壊死し根管内が細菌壊死組織にて汚染されている状態を治療することです。鈍痛、咬合痛を伴うことがあります。
根管内から病原物質を取り除き、薬剤を使用してきれいにしていきます。感染根管の場合は内部が汚れているため、治療回数が多くなります。

根管治療

根管治療は根管を薬剤、ファイルを使いきれいにし、その後樹脂をつめます。

歯髄の複雑性

歯髄の複雑性

根管は1本の管ではなく、分岐しています。機械的な清掃と薬剤による清掃を行いますが、治療が困難な場合もあります。

ページトップに戻る

精密根管治療(保険外治療)

精密根管治療にはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用します。当院ではライカ製のマイクロスコープを用います。正確な診査、診断のもとに治療を進めます。

肉眼での治療倍率を1倍とすると、マイクロスコープでは、8倍~40倍もの拡大下で治療をすることができます。複雑な根管を見落とすことなく、再根管治療での確実な汚染物質の除去が可能となります。
精密根管治療

「精密根管治療の流れ」

1回目(30分~1時間)
診断と応急処置をおこないます(問診、口腔内診査、レントゲン診査)

 ↓

2回目(1時間30分~2時間)
初回治療
マイクロスコープ、専用超音波器具、専用手用器具、Ni-Tiロータリーファイルを用い、初回治療に時間をかけて確実に行うことで、治療成績が上がります。
根管内貼薬(水酸化カルシウム)をして初回治療は終了です。

 ↓

3回目 根管充填(1時間30分~2時間)
根管充填はContinuous Waveテクニックという手技を基本としますが、歯根の状態に合わせた最善の方法を選択します。

※健康保険での根管治療は、時間的な制約、材料的な制約などにより最善な根管治療を提供することは不可能です。土台となる根管治療を確実に行うことは、その上にかぶせる補綴物の成功につながることは明白なことから、御希望の患者様に対し、自費治療の精密根管治療を行っております。
治療時間は歯根が複数であれば時間がかかります。また、歯根の湾曲度、複雑な根管であれば治療時間は長くなります。根管治療の料金は歯の状態により異なることから、治療の内容や料金についての詳細は歯科医師にお問い合わせください。

健康保険治療での根管治療について

健康保険での治療も行っております。
治療時間は約15分。したがって、治療回数は5回~10回かかります。
マイクロスコープを用いた精密治療ではありません。

ページトップに戻る

治療の流れ(抜髄)

むし歯が深く、歯髄まで到達している場合には抜髄が必要です。抜髄は次のような流れで行っていきます。

治療の流れ

  1. まず、麻酔をします。麻酔は5分ほどで効いてきます。
  2. 歯に穴を開け、神経を取る準備をします。
  3. ラバーダムを装着します。
  4. リーマー、ファイルという細い道具にて根管を掃除していきます。
  5. 1日目は水酸化カルシウムなどのお薬を根管内にいれて消毒します。
  6. 2日目以降、痛みがなくなったことを確認してから、根管内にガッタパーチャという材料をつめます。
  7. 穴があいた部分に土台(コア)をたてます。
  8. 歯に冠をかぶせて終了です。

ページトップに戻る

ラバーダムについて

ラバーダム防湿を存知でしょうか?
ラバーダム防湿は、歯内療法(根管治療)では不可欠なものです。歯にゴムのカバーをかけて治療するやりかたです。

ラバーダム防湿①ラバーダム防湿②

お口の中は細菌だらけなため、細菌が歯の中に入らないようにするわけです。
当たり前のことですが、尾澤歯科医院 金町診療所では、基本的にラバーダム防湿を行って根管治療を行います。
また、歯の治療には、小さな器具をたくさん使います。誤飲や誤嚥を防ぐ意味でも使用します。治療の成功のために必要不可欠なものです。

ページトップに戻る

外科的歯内療法

根管治療を行ったが治癒がおもわしくない場合や、かぶせものやコア(土台)があるために、歯内療法が困難な場合に外科的な治療を行うことがあります。

根尖切除術

根尖病巣と感染している歯根尖を外科的に取り除く方法です。

当院では、EMS社ピエゾマスターサージェリーを用い、組織にダメージをできるだけなくす方法で治療を行います。これにより術後の腫れ、痛みを訴える患者様が減りました。

症例

症例①

一見健康そうに見える前歯ですが……

症例②

レントゲン写真にて大きな歯根嚢胞を認めます。
約半年間、歯内療法を続けましたが、排膿が止まらないため外科的な治療方法を選択しました。

症例③

約2×2cmの嚢胞を、EMS社ピエゾマスターサージェリーにて除去。写真は歯根の尖端を切断したところです。

症例④

採血しておいた静脈血を遠心分離し、PRPを作製します。
PRPとは多血小板血漿(platelet rich plasma)のことで、創傷治癒促進作用を有します。ご自身の静脈血を用いることで最も安全な生体材料手法になります。

症例⑤

PRPを作製し嚢胞摘出部位に入れます。

症例⑥

縫合し終了です。
ピエゾサージェリーとPRPを用いることで、術後の疼痛、腫脹は全くなく、順調な経過をたどりました。

症例⑦

治療6か月後のレントゲン写真です。治療前と比較すると骨が形成されてきているのがわかります。これから更に骨が形成されていきます。

症例⑧

治療6か月後の口腔内写真です。健康な歯ぐきになり、落ち着いています。 かぶせものを作り、装着しました。

歯根切断法

多根歯(歯は前歯以外複数の根を有する)の場合、病気の根を切断除去し、歯を保存する方法です。1根のみに顕著な骨吸収がある場合などが適応症です。

ヘミセクション

多根歯において病的歯根のみを歯冠とともに除去する方法です。

再植術

外傷などで完全に抜けてしまった歯を歯槽窩に戻し、保存する方法です。
尾澤歯科医院においても年に数回は救急処置をします。

歯が抜けた時の対処方法

スポーツや転倒などで顔面を強打し、歯が抜けてしまったら、次のように対処すると 良いでしょう。

  1. 歯が汚れていたら、水道水で洗います(20秒以内)。洗いすぎると細胞が死んでしまいます。
  2. 自分で抜けた場所に入れられる場合は元あった場所に入れ、入れた状態で歯科医院に行きましょう。
  3. 元あった場所に入れられない場合、牛乳がすぐに手に入る場合は牛乳に入れて、牛乳がない場合はお口の中に入れた状態で、すぐに歯科医院に行きましょう。

ページトップに戻る