インプラント

インプラント

インプラントは治療の1つの方法です。
お口の中は人それぞれ違いますし、価値観も違います。また、自費治療になるため、費用面でのご心配もあると思います。患者様に合った方法で治療をお勧め致します。

治療手順

治療手順

1.歯周治療

歯周炎のある患者様がほとんどですが、軽度であっても、基本的な歯周炎検査、治療(ブラッシング指導、歯石除去)を行ってからインプラント治療に入ります。

2.診査

写真撮影、模型診査、CT撮影を行います。
CT撮影は提携病院にて撮影致します。

3.診断

診査結果を基に、治療計画を立案します。
患者様の同意を得てから手術の日程を決めます。

インプラント手術

4.インプラント手術

手術は清潔環境下にて行うことが大事です。
モニター下にて安全な手術を心がけています。

5.メインテナンス

術後のメインテナンスは、インプラントやご自身の歯を守ります。
3か月から、6か月の間隔で来院していただき、メインテナンスを行います。

ページトップに戻る

症例

症例1

症例1 図①

図1 右側にブリッジがありましたが、歯根の破折により抜歯となりました。

治療の選択肢として①ブリッジ ②部分入れ歯 ③インプラント の説明をしました。
ブリッジは更に長いブリッジが必要となること歯を削ってかぶせる必要があることが最大の欠点になります。
部分入れ歯は取り外しや清掃の煩雑さが欠点です。逆に、簡単に治療が可能な点は長所になります。
インプラントは治療時間がかかり、費用も自費治療なことから長所ばかりではありませんが、しっかりと噛み合わせができる点、歯を削らなくてよい点から、患者様はインプラントを選択しました。

症例1 図②

図2 レントゲン写真にて歯が折れているのが分かります。

症例1 図③

図3 インプラントを2本埋入し、インプラント用のアバットメント(土台)を入れました。

図4 5年後のレントゲン写真と口腔内写真です。
この症例では歯ぎしりがあったため、咬合面に金属を少し使用しています。特に問題なく経過しています。

症例1 図④症例1 図④

症例2

症例2 図①

図1 左側の前歯が折れて来院しました。
隣在歯を削りたくないため、インプラントをお勧めしました。

症例2 図②

図2 インプラント埋入3カ月後口腔内

症例2 図③

図3 インプラント埋入3カ月後レントゲン写真

症例2 図④

図4 アバットメント(土台)装着

症例2 図⑤

図5  印象用コーピング装着

症例2 図⑥

図6 印象採得(インプラントの型どり)

症例2 図⑦

図7 歯の色を合わせます

症例2 図⑧

図8 PFM (金属にポーセレンを焼き付けた冠)装着

症例2 図⑨

図9  PFM 装着3年後のレントゲン写真。安定した歯周硬組織像です。

症例3

インプラントオーバーデンチャーの症例です。
インプラント上にマグネットを装着し、総義歯の安定をはかります。

症例3 図①

図1 口腔内写真です。
インプラント上にマグネットのキーパー(金色の部位)を装着してあります。

症例3 図②

図2 義歯にマグネットを接着してあります(金色部)。

症例3 図③

図3 義歯を口腔内に装着した写真 です。
下顎総義歯は、解剖学的理由により義歯を安定させるのは難しい場合があります。インプラントオーバーデンチャーにすることで、義歯の安定が得られます。

症例4

インプラントオーバーデンチャーの症例です。 バーアタッチメントを利用した義歯の場合は次のようになります。

症例4 図①

図1 口腔内写真です。
インプラントは2本~4本必要です。バーにて連結します。義歯側にアタッチメントを接着し、強固な安定が得られます。

症例4 図②

図2 義歯にアタッチメントを接着させます(金色部)。
総義歯、特に下顎総義歯にインプラントを2~4本入れることで、義歯の安定が得られます。この手法については既に確立されたものであり、安心しておこなうことが出来ます。

ページトップに戻る