院長ブログ

スポーツマウスガード

東京都葛飾区の歯科医院 尾澤歯科医院 院長の野村です。

当院にてスポーツマウスガードを取り扱っております。

先日、私のマウスガードを自作(カスタムメイド)してみました。

今までにボクシング、アメフト、ラクロス、ラグビー、サッカー等のスポーツ選手に作ってきました。

今回は自分用でサッカー用に作製しました。まだシニアにて現役プレーヤーです。

自作スポーツマウスガードを装着して分かった事がありました。

話にくいこと。

話にくさは認識していましたが、教科書的な知識にて予想でしかなく、実際に装着するとよく理解が出来ました。

団体競技だとコーチング等の指示出しが重要になります。

ポジションにもよりますが、技術と同等に重要になります。

歯と舌が接することで発音が出来ることから、可能な限りマウスガードの舌と接する部位を薄くなだらかな形態にすることが重要だと改めて体感しました。

何度か削合をし研磨をすることで、発音の問題は大分クリアしました。

マウスガードの着用は義務化している種目、1部着用を義務としている種目、規定がない種目など様々です。

サッカーには規定はありませんが、プロ選手も装着している選手が多くいます。

衝撃力の吸収や、重篤な障害のリスクを軽減させることができます。

当院において、サッカー選手でマウスガードなしで顎骨骨折をされた患者さんがいました。

「もう2度とあんな思いはしたくない」とマウスガードの作製を依頼されました。

怪我をしてから気付くのか。もしくは未然に装着して予防するのか。

やはり予防が良いと思います。

ご興味のある方は是非ご相談下さい。

 

投稿日: by nomura

当院におけるインプラントの術式

東京都葛飾区の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です

尾澤歯科医院におけるインプラントの術式です。

インプラントは恐いという患者さんのために、どのような手順で行っているかを理解していただきたいと思い載せました。

当院では、「安心、安全」にインプラント治療をおこなうために、日々努力をしていきます。

下顎の臼歯2本が欠損している状態です。ブリッジ、部分入れ歯、インプラント補綴の治療が可能です。今回はインプラントにて治療することになりました。

ワックスにて目標となる歯の形態を作成します。

レントゲン写真です。この写真では骨幅、骨の高さ、神経までの距離等の詳細がわからないためCTによる診査をおこないます。

CT上でインプラント手術のシュミレーションをおこないます。ピンクの丸部が下歯槽神経です。

インプラント埋入予定位置より2mm以上離れているのを確認します。

CTデータを元にサージカルガイドを作成します。

CT上にてインプラント埋入を設計しましたが、その位置にインプラントを埋入させるための装置となります。

設計通りの手術をすることが可能になります。

予定の位置に「フラップレスサージェリー」にてインプラントを埋入しました。粘膜にメスで切開を加えない術式です。

切開しないため、糸での縫合がありません。従って、痛みは少なく低侵襲手術が可能になります。

全ての症例に適応する方法ではなく、術前診査にて十分に安全を確認が出来た症例のみおこなうことが可能です。

オステル®にてインプラントの安定性を計測します。ISQ85は高い安定性を示しています。

インプラントに専用の装置を着け、口腔内スキャナー(TORIOS®)にて型どり(印象採得)を行います。

従来はシリコーン印象材を使用して型どりをしますが、より精度を高めるために高性能の専用スキャナーを使用しています。

速やかにデジタル印象データを取得できます。インプラント以外の通常の被せ物の印象にも使用しています。

フル

歯の色は様々ですので、色合わせをします。

ジルコニアクラウンを装着しました。

セメント固定かスクリュー固定を選択します。

今回は、クラウンの固定はスクリューにて固定(ネジ止め)をしました。

定期的なメインテナンスにて、インプラントを含め口腔内の管理をすることが大事です。

投稿日: by nomura

リコール(定期検診)再開のお知らせ

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

東京都において、新型コロナウィルスに対する緊急事態宣言が解除されました。

5月、6月のリコールはがきにてリコール(定期検診)の案内を再開します。

リコールの予約は取りにくいことが予想されますのでご了承ください。

また、検診のタイミングにて、急性症状(痛み、腫れ等)がございましたら予約時に申し出て下さい。早期に対応します。

口腔内を適切に管理すること(口腔内細菌を制御すること)は、誤嚥性肺炎の予防、新型コロナウィルスによる肺炎の重症化予防に重要な要件になります。

また、様々な生活習慣病の予防につながりますので、リコールには必ず来院して下さい。

 

投稿日: by nomura

新型コロナと歯科医療

東京都葛飾区 尾澤歯科医院院長の野村です

5月半ばになりますが、東京都は緊急事態宣言を継続することが決まっております。

尾澤歯科医院において、現在の歯科治療をどのようにすべきかをお伝えします。

歯科医療は生命に関わることもありますので、診療を延期すべきかどうかは歯科医師の判断のもと決める必要があります。

口腔内細菌が引き起こす疾患は多くあります。現在問題になっている代表例が肺炎です。口腔内細菌は気道を介し容易に肺に到達します。口腔内の手入れを怠ることで細菌は爆発的に増加します。免疫力の低下した方が口腔内細菌により肺炎を引き起こすことはインフルエンザウィルスにて実証されています。新型コロナウィルスにおいても同様なことが言えるでしょう。口腔ケアは延期すべきという意見には同意出来ません。

尾澤歯科医院において、現在リコール(定期検診)は停止しています。6月より段階的に再開する予定です。

歯科医師、歯科衛生士がこの状況においてもリコールが必要と判断した場合のみ連絡するようにしています。

通常の歯科治療は5月より再開しています。

日本において、歯科治療で患者に感染させた報告はありません。感染しない、感染させない取り組みは日頃より徹底しています。検温、消毒液うがいも継続しますが、ご家庭で検温していただけると助かります。また、マスクの着用もお願いします。治療以外においてマスクの着用を励行しています。治療前には手洗いもしくは手指用アルコールにて消毒も忘れずに。

いつもご協力ありがとうございます。

 

投稿日: by nomura

緊急事態での歯科診療

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院 院長の野村です

緊急事態宣言においても当院は継続して診療を行っています。

ただし、急を要しない治療に関しては先延ばしにしていただいております。

感染予防は以前より取り組んでいますので、特別なことをしているわけではありません。

我々歯科医院側も感染しないこと。また、感染を蔓延させないことを留意のもと診療にあたっています。

来院時の検温もその一環。スタッフも毎朝検温しています。

お家で測っていただけると助かります。37.5度以上の方は診療をお断りしています。

何卒ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

投稿日: by nomura

5月6日までの診療について

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

新型コロナウィルスの影響を受けて5月6日までは緊急事態宣言の通りに縮小診療となります。

急を要しない診療に関しては、無理をせず延期して下さい。

当院に来院の際は、「体がだるい」「熱っぽい」などお体の不調がある場合はキャンセルして下さい。

来院時の体温測定は必ず行います。

待合室での感染予防として、消毒薬の噴霧を常時行っています。

診療に関しては、通常通りの感染対策をしています。

ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

投稿日: by nomura

新型コロナウィルス対策

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です

新型コロナウィルスの流行により当院としての対策

ウィルスを「感染させない」「感染しない」ことを掲げています。

「感染させない」事は日常の診療にて常に行っています。

付け加えると、全ての患者さん来院時に体温を計測しています。熱発している患者さんは診療を延期していただきます。

待合室に空間除菌用の低濃度の次亜塩素酸溶液を専用の機械にて噴霧しています。

「感染しない」事も日常の診療にて常に行っています。

歯科医院内は清潔に保つことを心がけています。

もし、体のだるさや日常の体調とは違うと感じましたら、無理をせずに治療を延期して下さい。

何卒ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

投稿日: by nomura

MCI原著論文が掲載されました

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です

「老年歯科医学」に論文が共著にて掲載されました。

「歯科医院受診高齢者の認知機能スクリーニング検査と口腔内状況との関連」

歯科医院来院患者にご協力いただきまして、MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査をしました。

加齢ともにMCIの疑いのある方が増加しました。

MCINO方は、健常者と比べ歯数が少ない傾向にありました。

口腔内乾燥も多く認められました。

他の論文においても、歯の数とMCIの関連は多く報告されています。

歯を多く残すこと、もしくはインプラントや入れ歯で噛めるようにすることはMCIの予防になるかまでは判明していません。

しかし、噛めない状態から噛めるようになることで全身状態が良くなること、健康に寄与することは証明されています。

我々が推奨しているインプラント治療の目的でもある「しっかりと噛めること」で健康で有意義な人生を送っていただければ幸いです。

 

投稿日: by nomura

リグロスを使用した歯周病治療

東京都葛飾区 尾澤歯科医院院長の野村です

「リグロス」(トラフェルミン)を使って歯を残して欲しいという患者さんが多く来院します。

「リグロス」は元々皮膚科等にて褥瘡治療などに利用されていた薬剤です。

細胞の増殖因子であるbFGFという物質が、細胞を増やすことで創傷を早く修復します。

歯周治療にこの「リグロス」を使うことで歯槽骨の再生を促すことが出来ます。

「リグロス」は健康保険の適応となります。

効果は万能ではなく、重度の歯周炎の場合は十分な効果が得られません。

骨は、平らな骨の上に盛り足すように形成しません。

骨が再生しやすい環境は、骨に囲まれた状態の骨欠損です。

ですので、重度歯周炎で周囲の骨が360度無くなっている状況では、残念ながら効果はありません。

適応症がありますので、十分な効果を得るためにご心配な方はお早めに相談してください。

 

 

投稿日: by nomura

嘔吐反射の強い方の歯科治療

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

当院には嘔吐反射の強い方が多く来院されます。

鎮静下にて歯科治療をしているからです。

歯科治療は歯以外の部位にどうしても触れてしまいます。

舌や上あごの奥の方などにも、吸引の管や型どりの材料が入る事があります。

嘔吐反射は生理的なもので誰でもあるものです。

しかし、通常は少し触れただけでは反射はおきません。

反射が強い患者さんにとっては、歯科治療は大変苦痛になってしまいます。

当院では、このような嘔吐反射の強い患者さんに対して、鎮静下にて反射を和らげてから治療をしています。

まずは笑気吸入鎮静法です。

鼻にカニューレを入れて20〜30%笑気ガスを吸入します。

妊婦など禁忌はありますが、多くの患者さんに有効です。

意識ははっきりしていますが、手足が温かくなる感じでリラックス出来ます。

虫歯の治療、型どりまで対応出来ます。

次に、静脈内鎮静法。

これは点滴を確保してから鎮静剤を静脈投与する方法です。

鎮静剤はおもにミダゾラムを使用します。インプラント治療の鎮静ではプロポフォールを併用することが多いです。

意識がある状態で鎮静のコントロールをします。呼びかけに答えられる程度の鎮静度合いです。

日本歯科麻酔学会認定医がおこないますので安心です。

健康保険の適応となりますので、嘔吐反射の強い方は相談してください。

投稿日: by nomura