院長ブログ

リコール(定期検診)再開のお知らせ

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

東京都において、新型コロナウィルスに対する緊急事態宣言が解除されました。

5月、6月のリコールはがきにてリコール(定期検診)の案内を再開します。

リコールの予約は取りにくいことが予想されますのでご了承ください。

また、検診のタイミングにて、急性症状(痛み、腫れ等)がございましたら予約時に申し出て下さい。早期に対応します。

口腔内を適切に管理すること(口腔内細菌を制御すること)は、誤嚥性肺炎の予防、新型コロナウィルスによる肺炎の重症化予防に重要な要件になります。

また、様々な生活習慣病の予防につながりますので、リコールには必ず来院して下さい。

 

投稿日: by nomura

新型コロナと歯科医療

東京都葛飾区 尾澤歯科医院院長の野村です

5月半ばになりますが、東京都は緊急事態宣言を継続することが決まっております。

尾澤歯科医院において、現在の歯科治療をどのようにすべきかをお伝えします。

歯科医療は生命に関わることもありますので、診療を延期すべきかどうかは歯科医師の判断のもと決める必要があります。

口腔内細菌が引き起こす疾患は多くあります。現在問題になっている代表例が肺炎です。口腔内細菌は気道を介し容易に肺に到達します。口腔内の手入れを怠ることで細菌は爆発的に増加します。免疫力の低下した方が口腔内細菌により肺炎を引き起こすことはインフルエンザウィルスにて実証されています。新型コロナウィルスにおいても同様なことが言えるでしょう。口腔ケアは延期すべきという意見には同意出来ません。

尾澤歯科医院において、現在リコール(定期検診)は停止しています。6月より段階的に再開する予定です。

歯科医師、歯科衛生士がこの状況においてもリコールが必要と判断した場合のみ連絡するようにしています。

通常の歯科治療は5月より再開しています。

日本において、歯科治療で患者に感染させた報告はありません。感染しない、感染させない取り組みは日頃より徹底しています。検温、消毒液うがいも継続しますが、ご家庭で検温していただけると助かります。また、マスクの着用もお願いします。治療以外においてマスクの着用を励行しています。治療前には手洗いもしくは手指用アルコールにて消毒も忘れずに。

いつもご協力ありがとうございます。

 

投稿日: by nomura

緊急事態での歯科診療

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院 院長の野村です

緊急事態宣言においても当院は継続して診療を行っています。

ただし、急を要しない治療に関しては先延ばしにしていただいております。

感染予防は以前より取り組んでいますので、特別なことをしているわけではありません。

我々歯科医院側も感染しないこと。また、感染を蔓延させないことを留意のもと診療にあたっています。

来院時の検温もその一環。スタッフも毎朝検温しています。

お家で測っていただけると助かります。37.5度以上の方は診療をお断りしています。

何卒ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

投稿日: by nomura

5月6日までの診療について

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

新型コロナウィルスの影響を受けて5月6日までは緊急事態宣言の通りに縮小診療となります。

急を要しない診療に関しては、無理をせず延期して下さい。

当院に来院の際は、「体がだるい」「熱っぽい」などお体の不調がある場合はキャンセルして下さい。

来院時の体温測定は必ず行います。

待合室での感染予防として、消毒薬の噴霧を常時行っています。

診療に関しては、通常通りの感染対策をしています。

ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

投稿日: by nomura

新型コロナウィルス対策

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です

新型コロナウィルスの流行により当院としての対策

ウィルスを「感染させない」「感染しない」ことを掲げています。

「感染させない」事は日常の診療にて常に行っています。

付け加えると、全ての患者さん来院時に体温を計測しています。熱発している患者さんは診療を延期していただきます。

待合室に空間除菌用の低濃度の次亜塩素酸溶液を専用の機械にて噴霧しています。

「感染しない」事も日常の診療にて常に行っています。

歯科医院内は清潔に保つことを心がけています。

もし、体のだるさや日常の体調とは違うと感じましたら、無理をせずに治療を延期して下さい。

何卒ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

投稿日: by nomura

MCI原著論文が掲載されました

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です

「老年歯科医学」に論文が共著にて掲載されました。

「歯科医院受診高齢者の認知機能スクリーニング検査と口腔内状況との関連」

歯科医院来院患者にご協力いただきまして、MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査をしました。

加齢ともにMCIの疑いのある方が増加しました。

MCINO方は、健常者と比べ歯数が少ない傾向にありました。

口腔内乾燥も多く認められました。

他の論文においても、歯の数とMCIの関連は多く報告されています。

歯を多く残すこと、もしくはインプラントや入れ歯で噛めるようにすることはMCIの予防になるかまでは判明していません。

しかし、噛めない状態から噛めるようになることで全身状態が良くなること、健康に寄与することは証明されています。

我々が推奨しているインプラント治療の目的でもある「しっかりと噛めること」で健康で有意義な人生を送っていただければ幸いです。

 

投稿日: by nomura

リグロスを使用した歯周病治療

東京都葛飾区 尾澤歯科医院院長の野村です

「リグロス」(トラフェルミン)を使って歯を残して欲しいという患者さんが多く来院します。

「リグロス」は元々皮膚科等にて褥瘡治療などに利用されていた薬剤です。

細胞の増殖因子であるbFGFという物質が、細胞を増やすことで創傷を早く修復します。

歯周治療にこの「リグロス」を使うことで歯槽骨の再生を促すことが出来ます。

「リグロス」は健康保険の適応となります。

効果は万能ではなく、重度の歯周炎の場合は十分な効果が得られません。

骨は、平らな骨の上に盛り足すように形成しません。

骨が再生しやすい環境は、骨に囲まれた状態の骨欠損です。

ですので、重度歯周炎で周囲の骨が360度無くなっている状況では、残念ながら効果はありません。

適応症がありますので、十分な効果を得るためにご心配な方はお早めに相談してください。

 

 

投稿日: by nomura

嘔吐反射の強い方の歯科治療

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

当院には嘔吐反射の強い方が多く来院されます。

鎮静下にて歯科治療をしているからです。

歯科治療は歯以外の部位にどうしても触れてしまいます。

舌や上あごの奥の方などにも、吸引の管や型どりの材料が入る事があります。

嘔吐反射は生理的なもので誰でもあるものです。

しかし、通常は少し触れただけでは反射はおきません。

反射が強い患者さんにとっては、歯科治療は大変苦痛になってしまいます。

当院では、このような嘔吐反射の強い患者さんに対して、鎮静下にて反射を和らげてから治療をしています。

まずは笑気吸入鎮静法です。

鼻にカニューレを入れて20〜30%笑気ガスを吸入します。

妊婦など禁忌はありますが、多くの患者さんに有効です。

意識ははっきりしていますが、手足が温かくなる感じでリラックス出来ます。

虫歯の治療、型どりまで対応出来ます。

次に、静脈内鎮静法。

これは点滴を確保してから鎮静剤を静脈投与する方法です。

鎮静剤はおもにミダゾラムを使用します。インプラント治療の鎮静ではプロポフォールを併用することが多いです。

意識がある状態で鎮静のコントロールをします。呼びかけに答えられる程度の鎮静度合いです。

日本歯科麻酔学会認定医がおこないますので安心です。

健康保険の適応となりますので、嘔吐反射の強い方は相談してください。

投稿日: by nomura

金属を寄附しました

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です。

2019年も残りわずかとなりました。

不要となった撤去冠や義歯などにある金属を「TOOTH FAIRY」という会社を通じて国内外の施設に寄付をしています。

治療で役目を終えた金属で役に立てられることがあります。

我々歯科医院からではなく、皆さんからの寄附となります。

ご提供いただきました皆様、ありがとうございました。

投稿日: by nomura

CID2019セミナー講演

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です

2019年10月26日(土)27日(日)の2日間にわたり、インプラントのスタディーグループであるCIDクラブの講演会に参加しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は「認知機能障害から高齢患者への補綴治療を考える」というタイトルにて講演しました。

日本は全世界に先駆け超高齢社会の先陣をきっています。

高齢患者が増えていく中で、我々歯科医師が出来ることは何なのか。

認知機能が低下していく中で、どのような介入をするべきか。という内容のお話。

文献的には歯の本数が20歯以上の方に対し、19本以下で義歯未使用の方の認知症発症リスクは1.9倍。転倒のリスクは2.5倍、要介護の危険性が21%増加。

など多くの文献にて歯の数は少ないことによるリスクについて掲載されています。

また、軽度認知障害(MCI)の方は認知症にも移行しますが、正常に戻る可能性もあります。

歯科としては咬合の回復が認知症発症リスクの低下に寄与すると考えられています。

義歯でもいいのですが、インプラントによる咬合回復の方が優れているため、当院では積極的にインプラントを行っています。

骨の状態、年齢、基礎疾患や内服薬、本人のご希望、ご家族の意見、治療予算など総合的に判断する必要があります。

若年者の歯科治療のように理想的な治療が求められるとは限りません。

十分にお話をした上で、どのようにしていくかを決めていく必要があります。

91才の方で、義歯を入れたくないという患者さんがいました。

私は総義歯をお勧めしましたが、どうしてもインプラントでしっかりと咬みたいとのご希望。

心疾患や高血圧症がありましたが、担当医と相談しながらインプラントの手術をし義歯を避けてインプラントによる治療をしました。患者さんは「義歯にするくらいなら死んだ方がまし」とまでおっしゃっていました。

しっかりと咬むことが人生の幸福につながります。

義歯で満足出来る方もおりますので、必ずしもインプラントということではありません。

その方に合った歯科治療がありますので、十分にご検討いただき進めていきます。

QOL(生活、人生の質)の向上こそが幸福につながると考えています。

 

投稿日: by nomura