院長ブログ

オーラルスキャナ

東京都葛飾区金町の尾澤歯科医院 院長の野村です
当院のオーラルスキャナ(3Shape社 TRIOS)を紹介します。
歯科医院ではかぶせものを作る際に(印象採得)型どりを行います。型どりの際は材料が硬化するまで待たなければなりませんので大変な思いをされたことがあると思います。
当院ではオーラルスキャナで型どりを行うことができます。
口腔内を専用の機械にてスキャンします。
精密なスキャンにより、精密なかぶせものが完成します。
従来法の印象のメリットは?
 安価に行うことができます(健康保険適応)
従来法の印象のデメリットは?
 印象材を口腔内に入れるため不快
 印象材、石膏の変形がある
 印象材の硬化時間、石膏の硬化時間ががかかります
オーラルスキャナのメリットは?
 印象材や石膏の変形がないため、非常に精密なかぶせものが完成します
 印象材を口の中に入れないため、不快な治療が減ります
 CTデータと組み合わせることができ、インプラント手術をより安全に行うことが出来る
オーラルスキャナのデメリットは?
 保険適応外である
 義歯の印象には今のところ困難
デジタル化により従来の方法では出来なかったことが色々と可能になっています。
ご不明な点は何でもお尋ねください。

投稿日: by nomura

CTによる診査について

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

CTによるX線診査について

CT診査による最大のメリットは、立体的に把握することにより、必要な情報が得られることです。

歯科治療はとても細かい部分まで考慮する治療が多く、従来のX線診査では分からないことがありました。CT診査により正しい診断が得られることは最大のメリットでしょう。

反面、被爆線量が増えるというデメリットがあります。

当院のCT器械(フィンランド インスツルメンタリウム社)の特徴は被曝線量を抑えられるというものです。

超低被爆撮影モードがあり、従来のX線撮影よりも低被爆で撮影することができます。

日本製の器械は多いですが、被曝線量の調整ができる製品はほとんどなく高い被曝線量の疑いが大きいです。

また、被曝量をカタログに明示した製品も、インスツルメンタリウム社だけです。

部分的に撮影も可能ですので、根管治療から広範囲のインプラント治療まで様々な症例に有効となります。

ハイクオリティーな画像を、患者さんの体に少しでもやさしい器械で撮影し診査をします。

健康保険が使える場合がありますので、更に身近な診断器機となりました。

 

投稿日: by nomura

歯頸部の歯質欠損について

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

歯頸部(歯の根元)が削れる患者さんが多いです

例えばこの写真、根元がくさび状に欠けているのが分かりますね

NCCL(非う蝕性歯頸部歯質欠損)といいます

歯科医院での保険病名はWSDです

歯磨き時や冷たいもので「しみる」原因となります

歯の寿命も短くなります

この原因は古くから様々な説がありました

歯ぎしりや食いしばりなど、「かみ合わせ」の不均衡からおこるといわれていました

本当の原因は、歯磨き粉に含まれる歯磨材を使用した、不適切なブラッシングなのです

適切な歯磨きをしていれば問題ありません

しかし、生活習慣ですので間違った行動は毎日行われ、徐々に削れていくことになります

尾澤歯科医院では、歯科衛生士による正しいブラッシング指導をすべての患者さんに行います

歯を長持ちさせるために、正しい手入れ方法を身につけましょう

 

 

投稿日: by nomura

初夏の候

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院 院長の野村です

5月ですが夏日が続きましたが、本日はいくらか過ごしやすい初夏の陽気となりました。

当院入り口の花壇には毎年のようにラベンダーが花を咲かせます。

寒さにも強く、真冬でも少しですが花をつけます。

いつの間にか当院のキャラクターとなっております。

この時期はアマリリスも必ず咲いてくれます。

お気に入りの花に囲まれていい季節です。

投稿日: by nomura

歯科とMCI

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です。

2019年4月25日(木)ITI study club packs tokyoが開催されました。

「歯科とMCI」の話しを講演させていただきました。

MCIとは軽度認知障害のこと。

私が所属している(公社)日本歯科先端技術研究所にて取り組んでいます。

最近、マスコミにてよく取り上げられているのをよく見ますし、昨年テレビドラマにてMCI、アルツハイマー病の主人公が出てきたりと一般的に周知されてきました。

歯科において、なぜMCIを取り上げるのか?

当院の歯科医院に通院している患者は、たいていの場合メインテナンスに来院します。

定期的な来院によって、患者の変化に気づくことがあります。

早期発見、早期介入により、MCIから認知症に移行するのを防げる場合があるため、早期に気づくことが大変重要なのです。

歯科医院のように定期的に通いコミニケーションをとることが出来る施設は少ないのです。

このようなことから、歯科医師においてもMCIや認知症について知っておく必要があるため、今回の講演となりました。

 

 

 

投稿日: by nomura

新年度を迎えて

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院 院長の野村です。

平成31年4月となり、新たな門出となる方も多いと思います。いいスタートを切っていただき、実りの多い年度にしていただきたいと思います。

当院の玄関の花も満開となりました。春から初夏にかけては元気な姿を見せてくれます。

当院は春から秋口にかけて大幅な医療機器の導入を検討しています。より最先端な治療を提供出来るよう常に努力していきます。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿日: by nomura

日本口腔インプラント学会

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

2019年2月10日、11日の2日間にわたり日本口腔インプラント学会 関東・甲信越大会が行われました。今回は私個人の発表はありませんでしたが、共同研究発表、口頭発表の座長を務めました。

インプラントを行う歯科医師、歯科医院は数多くあります。歯科医院を選ぶのに困ることでしょう。

インプラントを科学的根拠のもと、適切な診断、手術、咬合再建、術後のメインテナンスをおこなうことが重要です。

これを行うのは、日々のトレーニング、学会での情報収集等は不可欠なものです。

インプラント関連の学会では、日本口腔インプラント学会が日本において最大の学会になります。

この学会に参加していること。日本口腔インプラント学会専門医を取得していることは最低限の目安になります。

学会ホームページにて専門医を紹介していますので、参考にしていただければと思います。

 

投稿日: by nomura

根管治療が困難なケース

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です。

根管治療は難しい場合があります。

血管は単純な形態をしておらず、細かく分岐をして走行しています。

歯の中を通っている管(根管)は血管や神経で構成されています。

血管が複雑な分岐をしているように、根管も複雑に分岐をしている場合が多くあります。

こちらの写真は教科書からの引用です。

単純な形態をしていないのが分かると思います。

従来の方法はこの複雑なものを肉眼で治療していました。

当然ながら成功率は低いと言わざるを得ません。

再根管治療の成功率は文献的には低いのですが、

当院での再根管治療の成功率は高いです。

その理由は、精密根管治療にあります。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた精密根管治療です。

当院ではドイツのライカ製の顕微鏡を使用しています。

顕微鏡にて高倍率での治療、根管用超音波器具を併用することで、肉眼では見えない汚れをきれい取り除くことが可能になりました。

精密根管治療は治療時間が長くなります。

従って、保険治療にて行うのには限界があります。

基本的に自費治療とさせていただいております。

根管治療の成功なくして、補綴治療(かぶせものの治療)の成功はありません。

土台からじっくりと取り組むことが、長期安定の秘訣です。

 

投稿日: by nomura

38th Myanmar Dental Conference 報告

東京都 葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です。

ミャンマーの歯科学会に参加してきましたので、レポートします。

2019年1月25日, 26日の2日間, ミャンマーのヤンゴンにてMyanmar dental conferenceが行われた. 2日目のPM13:00から17:00までBasic life support (BLS) のセッションがあり, ハンズオン講師として参加した.

このconferenceは年に2回行われ, ミャンマー第1の都市ヤンゴンと第2の都市マンダレイで交互に開催されている. 会場に入ると多くの企業展示があり, CAD/CAMやマイクロスコープなどの最新医療機器が並び日本の学会に参加しているのと変わらない雰囲気であった. 講演は日本の他にオーストラリア, 香港, 中国, 韓国やマレーシア, インドネシア, フィリピンなどのASEAN諸国からの専門家により行われた.

参加しているミャンマーの歯科医師はとても優秀で勉強熱心であり, 卒後留学支援により欧米や日本などの海外留学経験者が多い. 公用語はミャンマー語であるが, 医学部や歯学部の大学教育は英語で行われており, 日本との教育の差を感じた. 一方, 国内全体での歯科医療事情は学会からは全く見えてこない. 今回の学会に参加していたINGO Asssociation of Dental Volunteers of Japanの方に伺うと, 他の東南アジア諸国同様, 日常生活での食生活の変化によりう蝕罹患率が上がっているが, 治療が出来る環境ではないために, ほぼ手つかずの状態であるとのことであった. 盛大で華やかなイベントすなわち少数の上流階級のための最先端の治療の裏では, 大多数の初期治療でさえ受けられない国民がいるという大変複雑な事情を抱えているのを感じた.

今回の参加に至っては, Myanmar Dental Association会長であるDr.Thein Kyuとのつながりにある.Dr.Thein Kyuは 約20年前にミャンマーからの留学生として東京医科歯科大学高齢者歯科学講座に在籍していた. 帰国されてからは東京医科歯科大学との交流を続けており, 今回が約15年目とのことであった. 同門であるDr.Thein Kyuのご尽力により, 今回末席として参加させていただいた. 東京医科歯科大学歯科麻酔チームは海野雅浩名誉教授, 深山治久教授, 脇田亮准教授, 鶴見大学の阿部佳子准教授の豪華講師陣にて構成された. 皆, ミャンマーには複数回来ているのと同講座出身者のため同門ならではのチームワークで実習を施行した. 学会がContinuing Dental Educationの意味合いが強く, BLSコースには若い歯科医師が多く出席した. 目をキラキラさせながら聴講する姿に日本の学生や若い歯科医師との乖離を思わざるえなかった. また流暢な英語に対しては恥ずかしながら戸惑い, もう少し語彙があれば踏み込んだ説明が出来たと反省しきりであった.

ヤンゴン市街は急速に近代化が進行しており, 寛容, 勤勉で社交的な素晴らしい国民性により更に大きく発展することで近隣諸国のリーダーシップを取っていくのは疑う余地も無い.

投稿日: by nomura

マイクロスコープの有用性

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院 院長の野村です

「マイクロスコープの有用性」について

マイクロスコープとは顕微鏡のことです。

歯科治療はとても細かな作業が多く、肉眼で確認することには限界があります。

たとえば根管治療。虫歯が進行し「神経をとりましょう」というのが根管治療です。

歯の内部には栄養血管、神経があります。

虫歯で細菌感染すると根の内部を掃除する必要がでてきます。

神経の管はとても細く、肉眼で見えないことがあります。

また、根管内部をきれいに掃除出来たかどうか、肉眼では確認が不可能です。

マイクロスコープを用いた根管治療の成功率は、肉眼治療に比べて有意に上がります。

ルーペも普段の治療では多様しています。

しかし根管治療となると、マイクロスコープ無しでは難しいです。

治療は道具ではなく、技術であると確信しています。

しかし、技術+道具により相乗効果が得られるので、どちらも必要だと思っております。

尾澤歯科医院では、ライカ製のマイクロスコープを用いて精密根管治療をおこなっています。

投稿日: by nomura