根管治療が困難なケース

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です。

根管治療は難しい場合があります。

血管は単純な形態をしておらず、細かく分岐をして走行しています。

歯の中を通っている管(根管)は血管や神経で構成されています。

血管が複雑な分岐をしているように、根管も複雑に分岐をしている場合が多くあります。

こちらの写真は教科書からの引用です。

単純な形態をしていないのが分かると思います。

従来の方法はこの複雑なものを肉眼で治療していました。

当然ながら成功率は低いと言わざるを得ません。

再根管治療の成功率は文献的には低いのですが、

当院での再根管治療の成功率は高いです。

その理由は、精密根管治療にあります。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた精密根管治療です。

当院ではドイツのライカ製の顕微鏡を使用しています。

顕微鏡にて高倍率での治療、根管用超音波器具を併用することで、肉眼では見えない汚れをきれい取り除くことが可能になりました。

精密根管治療は治療時間が長くなります。

従って、保険治療にて行うのには限界があります。

基本的に自費治療とさせていただいております。

根管治療の成功なくして、補綴治療(かぶせものの治療)の成功はありません。

土台からじっくりと取り組むことが、長期安定の秘訣です。

 

投稿日: by nomura

カテゴリ:歯内療法