カテゴリ: 認知症・軽度認知障害

歯科とMCI

東京都葛飾区金町の歯科医院 尾澤歯科医院院長の野村です。

2019年4月25日(木)ITI study club packs tokyoが開催されました。

「歯科とMCI」の話しを講演させていただきました。

MCIとは軽度認知障害のこと。

私が所属している(公社)日本歯科先端技術研究所にて取り組んでいます。

最近、マスコミにてよく取り上げられているのをよく見ますし、昨年テレビドラマにてMCI、アルツハイマー病の主人公が出てきたりと一般的に周知されてきました。

歯科において、なぜMCIを取り上げるのか?

当院の歯科医院に通院している患者は、たいていの場合メインテナンスに来院します。

定期的な来院によって、患者の変化に気づくことがあります。

早期発見、早期介入により、MCIから認知症に移行するのを防げる場合があるため、早期に気づくことが大変重要なのです。

歯科医院のように定期的に通いコミニケーションをとることが出来る施設は少ないのです。

このようなことから、歯科医師においてもMCIや認知症について知っておく必要があるため、今回の講演となりました。

 

 

 

投稿日: by nomura

インプラント学会発表

東京都葛飾区金町の歯医者 尾澤歯科医院 院長の野村です。

平成28年2月13、14日 日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部学会が開催されました。

「歯科医療施設における認知機能アセスメント検査の有用性ー 咀嚼評価点とMoCA-Jスコアの関係 ー」という演題にて発表をおこないました。

簡単に要約すると、認知機能が低下してくるに従い、咀嚼もしにくくなるということです。

高齢になるに従い、歯数も減少しますので、認知機能と直接関連があるかはこの研究では分かりませんでした。今後の課題とさせていただきます。

来月は仙台にて講演を予定しています。

歯科医師として、住みやすい生活環境を整えて参ります。認知症の研究はその一環として行っています。

 

 

投稿日: by nomura

CIDクラブセミナー講演

東京都葛飾区金町の歯医者 尾澤歯科医院 院長の野村です。

平成27年11月15日(日) 田町グランパークプラザにCIDクラブのセミナーが行われました。

IMG_1860

私は、「軽度認知障害の視点からのインプラント治療」というタイトルで講演をしました。

・認知症となる前段階である「軽度認知障害」。

・認知症を予防するためにはどのようにすべきか。

・現在エビデンスとして認められているものは何か。

・超高齢社会における、インプラント治療を行うにあたり考慮すべき点は何なのか。

以上のことについて講演しました。

最近の学会では高齢者の治療に関するテーマが多いですが、

高齢者、介護の視点から見ると「インプラント」は厄介な物として扱われる傾向にあります。

「インプラント」をすることでQOLの向上が望めること。

メリットは計り知れないと思います。

反面、介護現場での手入れなどの教育が不十分なのが現状です。

介護現場と関わりのある歯科医師、歯科衛生士への教育も十分ではないのが現状ですので、今後の課題となるでしょう。

歯が多く残っている(20歯以上)人に比べて、19歯以下で義歯未使用の人は転倒のリスクが2.5倍という論文があります。

歯は体のバランスと密接な関係があります。

また、20歯以上の人と比べて、歯がほとんどなく義歯未使用の人は、認知症発症リスクは1.9倍との報告もあります。

歯を残すこと。残せなかった場合は、治療をして噛めるようにすることがとても大事です。

インプラント治療はそういう視点からも、大変有益な治療です。

 

投稿日: by nomura

シンポジウムにて講演

東京都葛飾区金町の歯医者 尾澤歯科医院院長の野村です。

平成27年8月2日(日)、日本歯科大学において(公社)日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部 第6回 学術シンポジウムが開催されました。

メインテーマは『超高齢社会とインプラント』

私もシンポジストとして講演をいたしました。

スクリーンショット 2015-08-04 20.03.08

認知症は生活習慣病の側面があり、食生活や適切な有酸素運動、適切な医療、歯科医療により予防が出来るということが分かってきました。

認知症の前段階としてMCI(軽度認知障害)があります。健康な時期、もしくはMCIの段階で予防について認識していただくことが大事になっています。

あくまで本人の認識にかかってきますので、我々は正しい知識を提供すること、適切な歯科医療を提供することになります。

生活習慣を変えるのは本人のモチベーションにかかっています。

モチベーションを上げる手助けをすることが、我々歯科医師を含めた医療関係者の役割かと考えています。

多くの高齢者の方が住みやすい街づくりの手伝いができたら幸いです。

投稿日: by nomura