カテゴリ: むし歯

歯頸部の歯質欠損について

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

歯頸部(歯の根元)が削れる患者さんが多いです

例えばこの写真、根元がくさび状に欠けているのが分かりますね

NCCL(非う蝕性歯頸部歯質欠損)といいます

歯科医院での保険病名はWSDです

歯磨き時や冷たいもので「しみる」原因となります

歯の寿命も短くなります

この原因は古くから様々な説がありました

歯ぎしりや食いしばりなど、「かみ合わせ」の不均衡からおこるといわれていました

本当の原因は、歯磨き粉に含まれる歯磨材を使用した、不適切なブラッシングなのです

適切な歯磨きをしていれば問題ありません

しかし、生活習慣ですので間違った行動は毎日行われ、徐々に削れていくことになります

尾澤歯科医院では、歯科衛生士による正しいブラッシング指導をすべての患者さんに行います

歯を長持ちさせるために、正しい手入れ方法を身につけましょう

 

 

投稿日: by nomura

MTA治療について

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です。

MTA (Mineral Trioxide Aggregate)はセメントの一種です。

ケイ酸カルシウムを主体とした無機セメントです。

高い生体親和性が特徴です。

どのような治療に有効かというと、

う蝕が進行し歯髄まで達している場合、抜髄といい神経を取り除く治療が一般的です。しかし歯髄はできるだけ温存させたい。

MTA治療では、感染歯髄を取り除き、健全な神経を残します。そこに生体親和性の高いMTAセメントを貼付しコンポジットレジン修復等の治療をおこないます(直接覆髄、生活歯髄切断法など)。

他には逆根管充填の際に使用します。

根尖に病巣があるときに外科的に病巣を感染している歯根の尖端ごと取り除く方法があります(歯根尖切除法)。根尖から約3mm程度の歯根を切断し、更に切断面の根管から材料を埋める方法を逆根管充填といいます。

今まで逆根管充填に使用していたsuper EBAセメントは細胞毒性があるため成功率が少し低かったのですが、MTAセメントを使用することにより成功率が上がります。

パーフォレーションリペアにも有効です。

根管内と歯根の表面が交通してしまった状態。治療の結果の偶発症になります。放置しておくと感染し抜歯をせざるを得なくなります。

MTAセメント充填することで抜歯を回避することが可能になります。

尾澤歯科医院にて使用しているMTAセメントはProRoot MTA(デンツプライシロナ)、MTAアンジェラスHP(ヨシダ)になります。治療内容により使い分けています。

MTAセメントは大変優れた歯科材料ですが、健康保険の適応外です。

尾澤歯科医院ではマイクロスコープを用いた精密な治療と、優れた生体親和性を有するMTAセメント治療を組み合わせています。

治療費用はMTA治療代として5万円/本(税別)になります。

歯を出来るだけ保存するために、様々な症例に対応していきます。

投稿日: by nomura

小児の局所麻酔について

東京都葛飾区 金町 尾澤歯科医院 院長の野村です

小児の歯科治療時、局所麻酔薬を使用することがあります。

虫歯があり治療に必要な場合にのみ使用するものですが、薬剤を体の中に入れる以上100%安心な薬は存在しません。

学会などでもごくまれな報告として、アレルギー反応(アナフィラキシー)や、局所麻酔薬中毒などが副作用として挙げられます。

当院でも小児歯科の標榜をしていますので小児歯科治療をおこないます。

局所麻酔薬は治療時の苦痛を緩和する目的で使用します。

アレルギー反応やその他の副作用が出ないか、歯科医師、スタッフ共に監視下にて治療をおこないます。

もし副作用が出た時は、適正に対処できる体制を整えております。

医療事故の発生を防止するために最善をつくしておりますので、安心して治療を受けてください。

小児の医療事故の報道がありましたので、今回記載いたしました。

投稿日: by nomura

アマルガム除去のすすめ

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

歯のつめもの(充填剤)である「アマルガム」のお話

当院ではアマルガム充填の除去を積極的に勧めています。

アマルガムは水銀とほかの金属との合金です。現在はアマルガム充填を施行している歯科医院はごく少数ですが、治療の簡便性から多くの歯科医院で行われました。

アマルガムには接着力が無く、緊密に充填することで維持をさせている状態です。

多相合金であることから、Hg(水銀)とイオン化傾向の差が大きい金属を用いることで、耐食性が悪い。高銅型アマルガムは従来型より耐食性は改善しているが、腐食、溶解しないわけではありません。

気になる毒性であるが、水銀を約50%も含んでいるアマルガムの毒性を無視出来ません。合金として安定しているが、咬合により摩耗し体内に蓄積する、加熱により遊離することが考えられます。

Hgの極量は100γ/日(1γ=1,000mg)であり人体に影響する量ではないが、人体に有害な物質であることに変わりはありません。

尾澤歯科医院におけるアマルガム除去例

上顎第臼歯にアマルガムが充填されています。必ずラバーダム防湿を行い、切削した時に削片を飲み込まないようにすることが大事です。

アマルガムを削除した写真。切削量を少なくし、歯質を出来るだけ保存します。

CR(コンポジットレジン)を充填したところ。歯質とCRの接着に十分な配慮をし、緊密に充填することが大事です。

一般的にはコンポジットレジン充填やセラミックスインレーによる充填を行います。

アマルガムは人体に有害なだけでなく、接着性が無いために歯に対する力学的な負担を増大します。場合により歯質の破折を招き、抜歯を余儀なくされる場合があるため注意が必要です。

 

 

投稿日: by nomura

セラミックスでのむし歯修復

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

尾澤歯科医院では様々なメーカーのセラミックス材料を使用してきました。

セラミックス材料の欠点として歯質に比べ硬すぎるという点がありました。

硬いということは頑丈である半面、衝撃に対しもろいという欠点でもあります。

審美性に優れているために審美修復には欠かせない材料でありますが、奥歯などの強度が求められる部位には不安があります。

2年前より導入したセラミックスの1種の二ケイ酸リチウム(商品名:e-max  Ivoclar Vivadent社)は臼歯部のセラミックス修復において、強度に優れているために破折の心配がなくなりました。また、接着材との相性も良いために信頼のおける材料と言えます。

この他にジルコニアという材料は強度においてはe-maxよりも高く信頼のおける材料です。透明感がないため、前歯ではセラミックスをジルコニアに焼成して作製します。

歯科材料の進歩は早いです。しかし、本当に信頼のおけるものかを判断することは容易ではありません。

尾澤歯科医院では、信頼のおける材料であれば自信を持ってお勧めいたします。

投稿日: by nomura

コンポジットレジン修復ハンズオンコースに参加

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

平成25年11月23日、24日の2日間にわたりCR修復のハンズオンコースに参加しました。

講師は東京医科歯科大学 高齢者歯科学講座で同門の高橋登先生。

医局時代より大変お世話になっている先生です。

CR審美修復は確実性がないと考えていたため、自費治療では患者さんにお勧めしていませんでした。

高橋登先生の推奨している「3Dレイヤーテクニック」は共感できるものでしたので、取り入れることにしました。

治療時間と設備、ランニングコストから、保険治療で提供することは出来ませんが、

自費治療のオプションとして選択していただければ患者さんにとって、とても有益な方法となります。

セラミックスによるかぶせ物の治療は、審美的に優れております。

しかし、歯の削合量が多いという欠点があります。

むし歯に罹患している部分を削合し、出来るだけ歯質を保存してCR修復を行うことは、歯を長持ちさせることにつながります。

仕上がりは美しく、セラミックスと比べても分からないくらいです。

セラミックスは歯の強度以上で、経年変化がありませんが、審美CR修復は色の変色は避けられません。

しかし、自分の歯も経年変化があるため、同等ということも出来ます。

少しでも多くの歯を保存し永く使用していただくためには、様々な努力が必要です。

 

投稿日: by nomura

唾液の作用について

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です

平成25年8月10日の日経新聞にて「唾液のちから」という記事がありましたので紹介します。

daeki

唾液には様々な作用があります。

① お口の中を潤す作用

② 消化作用

③ お口の中をきれいにする作用(自浄作用)

④ 歯を保護したり、むし歯を防ぐ作用

⑤ 抗菌作用

⑥ 歯の再石灰化作用

⑦ 粘膜を修復する作用

など、様々な作用があることがわかります。

ドライマウス(口腔乾燥症)になると、上記の機能すべてが失われてしまいます。

根面う蝕といって、歯の根元にむし歯が出来やすくなります。

人工唾液がありますが、すべての機能を補うのには程遠いのが現状です。

ガムを噛んで、唾液分泌を促したり、

唾液腺のマッサージ、

また、漢方薬で改善出来る場合もあります。

唾液はあるのがあたりまえでと考えがちですが、無くなるととても困るものなのです。

 

 

投稿日: by nomura

歯を抜くか 歯を残して治療するか?

葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です。

出来るだけご自身の歯を多く残す事を最優先としています。

しかし、治療の限界がありますので、残すことで健康を害してしまう場合は抜歯することをお勧めしています。

それでも残してほしいという訴えがある場合。

これは治療とは言えません。

説明してもわかっていただけない場合はそのまま放置します。治療はしません。

我々には歯を残す基準があります。

・残すことで何らかのメリットがある場合。

・かぶせ物やつめものにより、きちんと咬むことができること。

・かぶせ物をした場合、壊れたりせず、永くもつ見込みがあること。

これらをすべて満たさない場合は抜歯をお勧めしています。

歯がむし歯でボロボロの場合、

むし歯を除去したら歯の根っこ(歯根)しか残らない場合があります。

マイクロスコープにより根管治療を精密におこなうことで、歯の根っこは残せたとします。

このような場合、残念ながら頑丈なかぶせ物は不可能です。

歯根に支柱を立ててからかぶせ物をしますが、

咬合力などの大きな力が加わると、歯根が破折してしまうことがよくあります。

歯の根元から歯質が最低2mmあると強度的には大丈夫と言われています。

歯根は残せても、抜歯したほうが良い場合もあるわけです。

残っている歯の本数や、その歯がどれくらいの負荷を受けるかによっても違ってきますので、

総合的な判断が必要になってきます。

 

 

 

 

投稿日: by nomura

2012年 学校保健統計調査

葛飾区金町 尾澤歯科院長の野村です

2012年12月26日 日経新聞朝刊に、2012年 学校保健統計調査について載っていました。

歯科ではむし歯が減ったとのこと。

永久歯にて1人あたり1.1本のむし歯だそうです。

当院でも口腔衛生指導やフッ素塗布を推奨しているため、むし歯の率は低下しています。

むし歯により歯を失うケースが減少する一方、

歯周病により歯を失うケースはなかなか減らないのが現状です。

「これをなんとか食い止めたい!」

の一心で衛生指導や歯周病治療をしています。

ここで重要なのが、いかに歯周病対策が重要であるかを患者に理解しててもらうか。

また、定期健診の重要性について、いかに理解してもらうか。

歯周病は生活習慣病です。

日常の手入れは重要です。

しかし、自覚症状がなければ歯科医院に行かないのが現状です。

悪くなってから治すのでは遅いのです。

「悪くならないように予防する」

これが歯周病で歯を失わないようにするために、最も大事なことです。

定期健診は大事です。

かかりつけの歯科医院で、予防に努めましょう。

 

 

投稿日: by nomura

歯科検診に行ってきました

東京都葛飾区金町 尾澤歯科医院院長の野村です。

今年2回目の保育園歯科検診に行ってきました。

1才クラスから、6才クラスまでの子供たちです。

3才からむし歯が認められました。3才というと、自我が出てくるころ。

甘いものも大好きになってくる時期です。

おやつの与え方や、歯みがきのタイミングを間違えると、むし歯になりやすい時期です。

特に現代っ子は、歯並びが悪いため、歯と歯の間に食べ物がはさまりやすいです。

これが、砂糖を含んだおやつだと、そのまま放置することで歯が脱灰(むし歯)します。

おやつの与え方、おやつの種類に気をつけましょう。

フッ素塗布もむし歯予防に効果的です。

かかりつけの歯科医院にて、むし歯のチェックとフッ素塗布は定期的に行うのが一番安心かもしれません。

こども達の元気な姿に接すると、元気が湧いてきます。

来週は、歯磨き指導に行ってきます。

 

投稿日: by nomura